ザ・iPhone修理ショップ、Re.mo.va(リモバ)大橋駅前店です。
我々は画面が割れたみなさまのiPhoneを毎日コツコツ修理している人たちです。

2017年の新型iPhone第一弾であるiPhone8/iPhone8Plusの発売日が迫ってきました。
その後、約1ヶ月遅れで特別なモデルであるiPhoneXが発売されます。
いちiPhoneファンとしては実機に触れるのが楽しみで仕方ないのですが、多くのiPhone修理屋さんにとっての興味は「修理できるのか?」「どうやって修理するのか?」だと思います。

iPhone8/iPhone8Plusは修理できそう

iPhone8/iPhone8PlusについてはiPhone7/iPhone7Plusの後継機種ということである程度は楽観しています。
iPhone7s/iPhonesPlusと言っても良いモデルですし、画面部分に大きい変化はないだろうと。
背面パネルの素材がiPhone5以降続いた金属製からiPhone4/iPhone4s時代と同じガラス製に回帰しています。これは新しい機能として搭載されたワイヤレス充電のための変更のようです。

ワイヤレス充電はApple独自のものではなくQi(チー)という国際標準規格に沿ったものです。同機能が搭載されているAndroidスマホは修理可能な機種が多いのでワイヤレス充電機能が修理の障害になる可能性は少ないのではないでしょうか。もちろん内部がどういった構造になっているかによって話は変わりますが。

その他、基本スペックの向上が修理の難易度に影響するとは考えにくく、iPhone6sからiPhone7になった時に比べれば部品の構造が大きく変わっていることもなさそうです。

iPhoneXは予測不可能

問題はiPhoneXです。色々変わりすぎてて良く分かりません(^^;)
ホームボタンが廃止されたので画面修理作業の工程がひとつ減ることになります。ホームボタンはTouchIDとの絡みで特に気を遣う部品なのでこれが無くなったのは大きいです。
TouchIDに代わって搭載されるFaceIDはフロントカメラ周りの部品にセンサーが組み込まれる可能性が高いと思われますが、このFaceIDセンサーがTouchIDと同じようにプロセッサチップとペアリングされているか否かで修理の難易度・リスクが大きく違ってきますね。

また、ディスプレイにOLED(有機EL)が採用されたことの影響は少なくないかも知れません。
一般的にOLED(有機EL)は従来の液晶に比べて高価とされています。iPhoneXに搭載されるSamsung製のOLED(有機EL)も例外ではないでしょう。
iPhone修理屋さんが主に使用する修理パーツは純正品よりも安価な互換品が多いのですが、果たしてOLED(有機EL)の互換品は製造できるのでしょうか。いや、いずれは市場に出回るだろうと思いますがそれはいつ頃、いくらぐらいなのか全く見当が付きません…少なくとも過去の機種ほど早い時期に安価で修理用パーツが出回るのは難しいかと。

そう考えると、iPhoneXはAppleCare+の金額が¥22,800(税別)とかなり高額に設定されていますが加入しておいて損はないかも知れません。

iPhoneが壊れるから修理屋さんは修理する

iPhoneの修理屋さんはみなさまのiPhoneが壊れるから必要とされています。
Appleが画面の割れないiPhoneを発売したら修理屋さんの存在価値は一気に下がってしまいますね。世界中のiPhone修理屋さんはその多くが廃業することになるでしょう。
そして2017年発売のiPhone8/iPhone8PlusiPhoneXも「画面が割れないiPhone」ではありませんでした。そもそも事前リークでそんな情報が出たらその時点で大パニックです(^^;)
ショップレベルでは飽和状態と言われているiPhone修理屋さんですが、Appleが技術革新で割れないiPhoneを作らない限りまだまだ業界は続いていくようです。