福岡県福岡市南区大橋一丁目、西鉄大橋駅の西口から徒歩一分のiPhone修理ショップ、リモバです。
毎日暑いですけど頑張ってみなさまのiPhone修理しております。

突然ですがみなさんはご自身の大事なiPhoneパスコードを設定されていますでしょうか。
おそらくほとんどの方が初期設定の段階でiPhoneちゃんからパスコードを決めるように要求され、ほとんどの方がiPhoneちゃんの言うとおりに6桁ほどの数字を入力されたのではないでしょうか。

さらにiPhoneちゃんは初期設定で指紋の登録も要求してきます。
指紋を登録することで、iPhone5s以降の機種に搭載されているTouch IDという機能が使えるようになります。画面ロック解除もアプリのダウンロードも指紋でOKになるため何かと便利です。

ただ、便利すぎて少し注意が必要なことも。
Touch IDを使うことに慣れてしまうと画面ロック解除のパスコードやアプリダウンロードなどに必要なAppleIDのパスワードを忘れてしまうケースがあるのです。

通常はホームボタンを押すと(ほぼ)同時に指紋が読み取られて画面ロックが解除され、iPhoneが使えるようになります。ところが!
iPhoneを再起動した後の最初の画面ロック解除はパスコードの入力が必要なのです。
普段Touch ID機能での画面ロック解除に慣れていると、急にパスコードを求められたら「???」となってしまいますね。

もちろん自分で設定したパスコードなのでほとんどの方は思い当たる数字があることでしょう。
数回は間違うかもしれませんが、6回以内に正しい数字を入力すればiPhoneはちゃんと受け入れてくれます(^^)

できれば数字入力のミスは5回までにしておきましょう。
6回目の入力ミスで1分、7回目の入力ミスでは5分の待ち時間が表示されるのです。

6回目の入力ミスで1分、7回目の入力ミスでは5分の待ち時間が表示

まだ慌てるほどではありませんが…

まあこれぐらいは
落ち着いて。
慎重に、良く考えて。
というiPhoneの優しさですね。

入力ミスが8回を数えるとiPhoneは少し厳しくなり、入力までの待ち時間が15分に設定されます。
少し焦りますが冷静になりましょう。
どこかにメモがあるなら探してみるのも良いかも知れません。

入力ミスが9回目・10回目ともなるとiPhoneあなたのことを怪しいと感じています。
次の入力まで60分の待ち時間が設けられ、11回目の入力に失敗するとついにiPhoneはあなたとのコミュニケーションを遮断し”あとはiTunesさんにお任せします”ということになるのです。
画面上に表示される”iTunesに接続してください”というメッセージを残して。

つづく